おたがいさまブログ

弥生三月去りゆく冬将軍  桜迎えて散りゆく四月

ひな祭り

あでやかにひなまつり

DSC04358

書道クラブです。今日の1枚

DSC04363-001

DSC03399
DSC04317
ギター弾き語りボランティアの加藤さんと                     

まだまだ若いって言われます!      

                                  

さて、3月も桜の開花を迎えようとしています。早いですね。この時期のことをよく三寒四温と言われますが、来週末また冬日の到来のようですよ。お気を付けください。

のんきさん・おたがいさま・そしてデイサービスののんきさんもようやく春の訪れって感じですよ。今年は何となく順調な滑り出しです。グループホームの方も2室あった空き室もつい先日

満室御礼となりました。共用型デイサービスののんきさんはあと、3名空きがあります。みなさん結構ご存じないのですが、共用型の認知症対応型デイサービスは、とってもお安いのです。

通常の認知デイの半分以下です。毎日来てもおつりが出ます!なんて不謹慎な感じもしますが、グループホームの皆さんと、グループホームの場所や備品を使えるので広い場所でいろんな面で便利です。

それになんといっても認知症をお持ちの方は、「認知症対応型」が一番いいと思いますよ。

ただ、介護業界は、人的資源の万年不足状態というのはいかんともしがたい事実。色んな方が出たり入ったりと常に新しいスタッフがいるというのも珍しくありません。その辺、利用者様に迷惑かけて

いるなあと心が痛むところではあります。介護の仕事についた方で、一番陥りやすいのが、自己満足の介護。自分が「お世話した―」という達成感を味わうためにとにかく、相手はお構いなしに

動いてなんでもお手伝いさんみたいにちゃっちゃとやっちゃう。「やりきったー!」みたいなものがほしいんでしょうね。何かしていないと「仕事してない」みたいに思ってしまうようで。

でも自分の家で、始終バタバタバタバタ動かれた日にはたまりませんよねー。ま、そんなこんながおこりがちな今日この頃です。

3月はひな祭り、今回は、皆さん着物やドレスをお召しになりました。

 

 


▶ 最近の記事
一覧を見る▶